読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

ピート・ジョンソン 『両親をしつけよう!』

しつけは大人が子供にするもの。

とは限らない!?

 

 

両親をしつけよう! (文研じゅべにーる)

両親をしつけよう! (文研じゅべにーる)

 

 

両親の仕事の都合で新しい学校に転校したピート。夢はお笑いタレントになることだけど、どうやら、へんてこなところに引っ越してきたらしい。
放課後になると、クラスのほとんど全員がホルンだとかおかしなものを習いに、せかせか帰っていく。近所のどんなに自分の子供が優秀かっておしゃべりばかり。ぼくはこの〈ガリ勉村〉に住みつけるだろうか?

 

学校や近所の悪影響を受けて(!?)、ピートの両親は、弟のエリオットをフレンチクラブに通わせたり、ピートのいテストの点数を気にしたり、さらに熱心に勉強させようとしたりと、だんだんおかしく(!?)なっていきます。

 

そう、パパやママからしたら、子どもの成績を心配したり可能性を伸ばしてあげなくちゃと一生懸命になったりするのは「親として当然の行為」なのでしょうけれど、子どもからみたら「大人がおかしくなってる」に他ならない。そして、ピートはこのおかしくなった親をなおしてあげたくて、マディのアドバイスを受けて「しつけ」をすることにします。さてさて、どうなることやら…。

 

1冊丸ごと、ピートが綴る日記になっています。ピートくん、お笑いタレントを目指しているだけあって、文章も面白い。文字も大き目だからさくさくと読めますよ。あまり本を読まない人にもおすすめ。

お気に入りはここ。

 

ぼくが今なにになやんでいるかわかる?両親疲労症。今の状況さえのりきれば、とぼくはいつも自分に言い聞かせている。両親は近所の人たちのせいでとまどって悪い状況になってしまった。だからぼくがしんぼう強く見守っていれば、そのうちなおるだろうと思うのさ。そしていつかは母さんや父さんといっしょに、今のことを笑いとばせるだろうと。

 

この本、小学校高学年の課題図書ですが、主人公は中学生。もちろん中学生にもおすすめですが、ぜひ「親」に読んでほしいなぁ。親は子供をなんとかしたくて必死になってますが、子どもも親をなんとかしてあげたいなぁ~と思ってるのです。ピートは、そんな両親を「大きなお世話」なんて言いません。家でする時にも、「これまでの食事と世話をありがとう」なんて感謝の気持ちをちゃんと書き添えて、あとで「あの時は悪かった」と言ってきたら1時間もしないで許してやろうとも思ってます。いい子で、泣けてきます。
ギャグセンスのある両親にぜひ、原稿用紙と一緒に夏休みにでもプレゼントしてみて下さい。

ピートが家出のお供に選んだのは、ウッドハウスのジーヴズでした↓

 

ジーヴズの事件簿―大胆不敵の巻 (文春文庫)

ジーヴズの事件簿―大胆不敵の巻 (文春文庫)

 

 

おすすめポイント

 

◇高学年から

◇読書感想文コンクール課題図書(高学年の部)