青りんごの本棚

中学生・高校生におすすめの本をあつめています

有川浩『三匹のおっさんふたたび』

映画も小説も「続編」は難しいとはよく言われるが、これは面白い!と胸を張っておすすめできる有川さんのエンタメ小説「ふたたび」です。

 

 

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)

 

 

おっさんたちの活躍ぶりは前作と変わらずです。ド派手に斬るアクションシーンも健在ですが、それよりもえんの下の力持ち・町内の大黒柱といった感じで、そっと見守りいざとなったら頼りになる存在感がとっても頼もしい。

中学生の計画的万引き被害に悩む地元の書店「ブックスいわき」
地元商店街でのお祭り復活に、行く手を阻む地元町内会長
偽三匹登場!?

どれも面白かったけど、この三編がお気に入り。

お嬢様マダムな貴子さんがパートを始める、最初のお話も面白かったけど。

エピローグでは、前作で登場した潤子(お気に入りキャラです)のはつ恋に絡めて、有川さんのあの人気小説の番外編!?も読めますよ。

 

おすすめポイント

◇「三匹のおっさん」続編

三匹のおっさんのレビューはこちら↓

有川浩『三匹のおっさん』 - 青りんごの本棚

 

◇ドラマ化

「三匹のおっさん」:テレビ東京

北大路欣也泉谷しげる志賀廣太郎の主演の三人のキャストもぴったり。

「三匹のおっさん3」シーズン3の放送も決定しました!

最新情報はこちら

www.tv-tokyo.co.jp

 

◇オーディオドラマ化

三匹のおっさん | NHK オーディオドラマ

 

わたしの感想メモ

そもそも「三匹のおっさん」シリーズを読んだきっかけは、息子(小6)だった。
おっさんを読みたいとねだられるが、小学生が読んでも大丈夫な内容かどうか(恋愛モノも得意な有川さんの作品でもあるし)チェックしてからと手にとる。


ズッコケのおっさんバージョン(間違ってもじじいと言ってはいけない)といった感じの痛快時代劇的エンターテイメント作品で、これは小学生男子も好きそう。

 

 

10代が読む有川浩さんおすすめの本 - 青りんごの本棚