読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

タチアナ・ドロネ『サラの鍵』

あの日の早朝、フランスで行われた一斉検挙。多くのフランス人も知らなかった歴史の奥に押しやられて閉じ込められたままの真実が、現代と過去とを交錯させ、いまここに甦る。

 


1942年、ナチスの占領下のパリ。
7月16日の早朝、フランス警察はユダヤ人13000人以上を一斉検挙した。
彼らのほとんどはその後アウシュビッツに送られる。
連行寸前、10歳の少女サラは弟のミッシェルを納戸に隠し、鍵をかけた。
「あとでもどってきて、出してあげる。絶対に」

 

――60年後、現代のパリ。夫と娘と共に平和な日々を送る45歳のアメリカ人ジャーナリスト、ジュリアは、戦時中にこの町で起こったユダヤ人迫害事件を取材することになった。

 

ユダヤ人迫害について書かれた本はたくさんありますが、1942年にフランスで行われたこの大規模な迫害事件については、多くのフランス人も事件そのものを知らない人が多いそうです。これはフランス人警察によって積極的に計画され実行されたそうですが、その事実は国民には知らされなかったのだろう、と思います。(なんとなく日本のそれともかぶるようで…、考えちゃったけども)

 

ユダヤ人の迫害についてどのようなことが行われたのか、いまでは事実が明らかにされ知識として知っていることではあっても、10歳の少女から語られる現実は、とても受け止めがたいほど辛いものがあります。

 

(本文より)
それから、彼は言った。「過去を呼びもどす際は苦痛を伴うことがあるものでね、ミス・ジャーモンド。不快な驚きに襲われることもないではない。真実は無知よりも辛いものだから」

 

知らなくても生きれることはたくさんあるけれど、知るからこそこれからに生かせることがある。

 

おすすめポイント

 

戦争と平和について考える本

◇高校生から

◇映画『サラの鍵』原作

サラの鍵 [DVD]

 

サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)

サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)