青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

水野宗徳『さよなら、アルマ』

 

第二次世界大戦中、およそ10万頭の犬たちが、軍犬として戦場に送られた。その事実は意外と知られていない。この物語は、1枚の写真から生まれたフィクション。

 実在する一枚の群犬の写真から生まれた物語

 

 

 第二次世界大戦中――。

朝比奈太一は、「お前は親が名前を付けるとき、点の位置を間違えたのだ。お前の本当の名前は犬一だ」と言われるほどの犬好きのやさしい男。

ある日、「うちじゃ飼えないから」という犬を断れずに預かることになった犬がアルマだった。育ちのよい立派なシェパード犬であるアルマに芸当を覚えさせる太一。その飲み込みのよさに、太一もアルマに夢中になっていく。

 

やがて戦況が厳しくなってくると、国は飼い犬や猫の殺処分を唱えるように。太一はアルマを守るために軍用犬の検査を受けることに…。

 

この物語は、1枚の写真から生まれたフィクション。モデルとなったアルマは、この本の最初のページに登場する、凛々しい出征写真。

 

犬は人間と一番仲のいい動物だ。

ペットとして一緒に生活をしている犬だけでなく、実は犬に助けられている場面も多い。嗅覚に優れて警戒心と忠誠心の強い犬は、警察犬や麻薬犬、救助犬など、人間の大事なパートナーとして活躍している。

 

第二次世界大戦中にもまた、およそ10万頭と言われる犬たちが、軍犬として戦場に送られ、多くの犬が傷つき、命を奪われている。かろうじて生きながらえた犬たちもいたが、終戦後、日本に戻ってきた犬は一匹もいなかったという。

その意味するところを考えると、怖いけれど。

 

著者の水野宗徳は放送作家であり、「おっぱいバレー」の作者でもある。綺麗な表紙に惹かれ手に取ったが、胸に迫るいい物語が読めた。ハンカチをご用意してからお読みください。

 

おすすめポイント

◇戦争をテーマにした本

◇動物の物語

NHKにてテレビドラマ化

NHKスペシャル「さよなら、アルマ ~赤紙をもらった犬~」 | NHKドラマ

◇小学生向けに集英社みらい文庫からも出ています

 

こちら単行本。この表紙好きです。集英社から文庫も出ています。 

さよなら、アルマ (Sanctuary books)

さよなら、アルマ (Sanctuary books)

 

 

 姫野カオルコ『昭和の犬』 - 青りんごの本棚

 すべての犬に里親を! 阪神・淡路大震災 1556頭の物語 - 青りんごの本棚