読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

桜庭一樹『青年のための読書クラブ』

 

 

どんな展開になっていくのか全く知らず、第1章の終わりでは一瞬「???」となりましたが、なるほどそういう構成なのね~と、掴んでからは、ビビることなくさくさくと読めました。

 

桜庭一樹が「私の男」だったので、何か出てくるんじゃないかとつい身構えてしまうのです。)

読み始めはライトノベル風かと思ったのですが、そうでもなく、さくさくと読める割には、なかなか読みごたえもありました。切り絵の綺麗な表紙もそうですが、単語の使い方がおしゃれなんだよね。最近は、日常慣れしていない難しい単語をやたらと並べ、ただ仰々しいだけで物語に合ってないと感じる作品も多いのですが(そういう作品を読むとすごく肩が凝ってイライラします)、桜庭さんは、そのへんの単語の使い方がしっくりしてて、リズミカルに並べてくれるのでおしゃれなのよね。

 

どの話も、言葉を抜いていくと、つまりはただドタバタとジタバタとして、何の実も種もありません、というストーリーなのですが、読了後は、「架空の林檎でも、食べたらおなかいっぱい」ってところ。(これ、すごく褒めてます)


単純に物語を楽しんで、言葉を味わえる、桜庭さんワールドを堪能できる1冊です。

第1章「烏丸紅子恋愛事件」と第5章「紅はこべ」がお気に入り。

 

第1章では、容姿の紅子と詩情(頭脳)のアザミのザバけた関係が小気味よい。でもって、「恋は、人の容姿にするものか?それとも、詩情にするものなのか?」という恋愛における出口のない永遠のテーマのひつとを、おもしろく読ませてくれたな、という感じ。ラストは、「そんなこと考えること自体、邪道」ってとこでしょうか。

 

それから、5章のラストが、ふるえました。
私がたどり着きたいところってここなのよ~、みたいな。
ハビトゥス&プラティーク』で、一日中コーヒー淹れていたい。
桜庭さんもすごく本が好きなんですね(作家さんに対して失礼な!!)、そう思って嬉しくなりました。


書物をこよなく愛する人には、楽しめる物語としておすすめ。

 

 

(BOOKデータより)
東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者(アウトロー)だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の“クラブ誌”があった。そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちによって脈々と記録され続けていた―。

 

 

本をチェックする

 

青年のための読書クラブ (新潮文庫)

青年のための読書クラブ (新潮文庫)