青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

死なないで!ー 一九四五年真岡郵便局「九人の乙女」

戦争が終わってここからは平和になるはずだった。しかし、ここからが新しい戦いの始まりになった場所もある。

 

1945年8月15日、日本はポツダム宣言の受諾を宣言し、戦争の終結を告げた。
戦争を知らない世代の私たちも、この日を「終戦記念日」として、知らない人はいないよね。もし知らなかったらいまここで覚えて帰ろうね。


捕虜として捕まることを恐れ、乙女たちが命を絶った沖縄の「ひめゆりの塔」もそうした哀しい話のひとつ。集団自害なんて言われるけど、逆らうことの許されなかったこの時代に「いざとなったら自ら命を絶つべきだ」と言われていたのだから、国からの命令以外のなにものでもない。「たとえ負けることになっても、命を絶ってはいけないよ」と前もって言われていたら、だれが自ら死を選ぶでしょうか。

 

沖縄と同じように、北のはての町でも死を選ばざるを得なかった少女たちがいた。

8月20日、終戦から5日後。


樺太(現在のロシア・サハリン)にソビエト兵が上陸し、町は戦火に包まれた。多くの日本人はその前に船で樺太を発つのだが、真岡郵便局には電話交換手として九人の乙女たちが残されていた。

彼女たちはなぜ、命を絶たねばならなかったのか。
戦争が終わったのに、なぜ、このような悲劇が起ったのか。

 

ジュニア版として、戦争を知らない子どもたちにもわかりやすく読みやすく書かれているので、普段、あまり本を読まない人にも読みやすい戦争の本。

 

おすすめポイント

 

第二次世界大戦

終戦

◇ドラマ化

2008年日本テレビで「霧の火~樺太・真岡郵便局に散った9人の乙女たち」としてドラマ化されました。

霧の火-樺太・真岡郵便局に散った9人の乙女たち- [DVD]

 

死なないで!―一九四五年真岡郵便局「九人の乙女」

死なないで!―一九四五年真岡郵便局「九人の乙女」