青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

水野敬也 『それでも僕は夢を見る』

『夢をかなえるゾウ』の水野敬也さんと、パラパラ漫画芸人(←これでいいのか?)の鉄拳さんがコラボレーションしたイラストストーリー

 

 

それでも僕は夢を見る

それでも僕は夢を見る

 

 

ベッドの上に身を横たえた私は、
これまでの人生を振り返っていた。
そのとき、
私の頭に浮かんでくるのは、なぜか
何かを夢見て悪戦苦闘した日々だった。

 

水野敬也×鉄拳のイラストストーリー

 


いつしか夢を捨てて生きてきたはずの男が、人生の最後に思うこととは何だったのか。

水野さんのシンプルで力強いメッセージに、モノクロの哀愁漂う鉄拳さんのイラストが、ものすごくぴったり合ってます。いいコンビネーション。表紙が破れちゃうほど、よく読まれているってことかな?すぐに読み切れて心に響く1冊は、長い文章が苦手な人にもおすすめです。


おすすめポイント

 

◇短いイラストストーリー

◇あまり本を読まない人にも

 

こちらもおすすめ

 

アレックス・ロビラ 『グッドラックGoodLuck』

ある日、『夢をかなえるゾウ』と。