青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

江國香織『すきまのおともだち』

旅先で迷子になるなんて話はよくあることで、小さな子どもだったら、いつものスーパーの中でさえ日常的に起こりうる。

だから、旅先から恋人へはがきを送るために郵便局をさがしていたはずが、とつぜん、迷子になってしまっても、それはごくありふれた出来事といいたいのだけれど、そこにいたのは小さな「おんなのこ」と「お皿」なのだから、迷い込んだ世界は日常と少しちがうみたいなのだ。

 

すきまのおともだちたち (集英社文庫)

すきまのおともだちたち (集英社文庫)

 

 

 

おんなのことお皿にお客様としてもてなされる迷子のわたし。はじめは戸惑っているようにもみえたけど、なじんでくつろいで楽しんで、気づくとリフレッシュしているようすは、なんともうらやましく見えてくる。

文庫本の巻末の東直子さんの解説が、この本をぴたりと言い当てていて、すとんと落ちた。これがあったら、きっとこの先もわたしは安心でいられる、って思うような本だった。


童話のようにファンタジックでどこかなつかしい、大人にもおすすめの短いおはなし。お茶と一緒にゆっくりお楽しみください。こみねゆらさんのイラストもかわいらしくてすてき。

 

おすすめポイント

◇童話のような小説

◇高学年から