青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

ジャクリーン・ウィルソン『タトゥーママ』

子どもにとってママは特別な存在。

ママたちもかつては子どもだったはずなのに、どうしてそのことを簡単にわすれちゃうんだろうね。

 ジャクリーン・ウィルソンの『タトゥー・ママ』はいつまでも心に残る作品。

 

タトゥーママ

タトゥーママ

 

 

マーガレットは、スターとドルフィンのママ。オレンジのロングウェーブに緑色の目、そして全身には色とりどりのタトゥー。お酒とパーティーが大好きで、仕事はしてないみたい、落ち込んだかと思うと、急に陽気でハイテンションになったり、たまにおかしくなったりする。クラスメイトのママたちとはちょっと違うけれど、そんなマーガレットがドルフィンは大すき。でも最近、お姉ちゃんのスターそうじゃないみたい……。

 

どんなでもママが大すき♪なドルフィンの目線で3人の生活は楽しく陽気に描かれていますが、心のバランスを崩してしまったマリーゴールドとの生活は、なかなか深刻な状況です。

 

マリーゴールドがふたりにとってどんなママなのかよくわかるくだりがあります。ある夜、マリーゴールドは、スターの父親に会えるかもしれないと言ってコンサートに出かけて行きます。その時の、スターとドルフィンの会話。

 

「十二時まえに帰る、だって。スターはつぶやいた。「まるでシンデレラきどり。ろくでもない王子さまをさがしてね。」

 

それから、父親に会いたくないの?と尋ねるドルフィンにスターはこう答えます。

 

 

「なんて父親なの、とはいってやりたいけどね。マリーゴールドをすてて、おかしくさせちゃって。」スターはことばを切った。

マリーゴールドはほんとに頭がへんだよ。」
「そこまでへんじゃないよ。だって、べつにおかしいようには見えないし、声がきこえたりするわけじゃないし、自分をポカホンタスだとかダイアナ妃だとも思ってないよ。いろんなことを想像するのが得意なだけで。」
「お金を持っていないのに、たくさんつかうのも得意よね。飲んだくれるのも得意。とんでもないことを思いつくのも得意。あんたに自分のことを『すばらしいオカアチャマ』だと思わせるのも得意。」
「そりゃそうだけど、マリーゴールドはやっぱりスターのことがいちばん好きなんだよ。いまみたいにひどい態度をとってたって。私たちの両方を同じように愛してるけど、お姉ちゃんは特別なの、ミッキーの子どもだから。わたしもミッキーのこどもだったらよかった。マリーゴールドは、わたしのお父さんのことはなんにも話してくれない。思いだしもしないみたい。記念のタトゥーさえ、彫ってないんだもん。」

 

著者のジャクリーンン・ウィルソンは、70冊もの作品を出版している人気の児童文学作家さん。数ある作品の中でも、この作品が一番のお気に入りだそうです。

 

ママが大好きだけれどどうしていいかわからない気持ち、自分がママ(誰か)にとって大切な存在でありたいと思う気持ち、それから自分を見失いそうになってどうしていいかわからないマーガレットのようなママの気持ち、いろんな気持ちが見えます。さらりと読めて、切なさがせまる物語。

 

それぞれの章のタイトルが、マーガレットの体に刻まれたタトゥーの名前になっているのも面白い。クロス・ハート・魔術師・カエル、などなど・・・。最初のページにマーガレットの全身タトゥー図のイラストがあるので、チェックしながら読んでみて下さいね。