青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

森絵都『宇宙のみなしご』

屋根にのぼったことある?

 

陽子は14歳、衝動的でせっかちな性格。ひとつ年下のリンは、陽子とは正反対のおだやかな性格の弟。両親が自営業で忙しく、家にいないことも多かった。テレビやゲームじゃつまらない陽子とリンは小さいころからおもしろいことを見つけては、ふたり楽しんでいた。

楽しみにしていた中2の夏休みがあっけなく終わってしまった。2学期がはじまったら、担任が変わっていた。元担任だったすみれちゃんは、教師を辞めてインドへ行ってしまうし。なんだかいやになって登校拒否をしたけれど、2週間後には学校に行き始めた。

 

なんだか毎日をつまらなく感じていた陽子は、ある夜、リンととびきりのおもしろいことを見つけた。それは深夜の散歩。それも、屋根の上を歩くのだ。真夜中の屋根のぼりは、陽子とリンの秘密の遊びだったが、やがて、思いがけない仲間が加わって……。


学校の中でも、周りに流されずマイペースでいられる陽子って、いいなって思う。

 

(本文より)
わたしだって知っていた。いちばんしんどいときはだれでもひとりだと知っていた。だれにもなんとかしてもらえないことが多すぎることを知っていた。だからこそ幼い知恵をふりしぼり、めちゃくちゃでもやりたいようにやってきた。小人たちの足音に耳をすまして、自分もいっしょに走ろうと、走りつづけようと、やってきた。

 

 

おすすめポイント

◇小学校高学年から

◇女の子におすすめ

 

宇宙のみなしご (角川文庫)

宇宙のみなしご (角川文庫)

 

 

 

 

 

 関連サイト

 

今月の編集長フェア | 編集長インタビュー

ピロカルピン新作「宇宙のみなしご」で新境地開拓 - 音楽ナタリー